ペット名刺注文の仕方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫ペット名刺はどのように作ればいいのでしょうか。最近ではインターネットで注文できる名刺専門の印刷業者もたくさんあります。そうしたところでペット名刺を作成できます。ペット名刺というキーワードをネットで検索してみてください。たくさんの業者が出てきます。

ネットで注文できるのは大変便利です。注文の流れとしては、まず希望のテンプレートを選びます。次に注文フォームに必要な情報を入力します。名刺をデザインしてメールで送ってくれますので、デザインを確認し、もし変更したい部分があるならばそれをメールで伝えて変更してもらいます。問題がないならば、確認のメールを送ります。業者にもよりますが、デザイン決定後3営業日以内に名刺が発送されるところが多く、名刺の最小発注枚数は30~50枚、費用は1,500~3,500円くらいという業者が多いようです。

ペット名刺デザインのコツは、犬でも猫でもとにかく一番かわいい写真を選んであげることです。ペットのお見合いの写真を選ぶつもりで選びましょう。次にテンプレートです。テンプレートにはたくさんの種類がありますが、ペットのイメージに似合うテンプレートを選んであげましょう。とても役に立つペット名刺。気軽に作ってペット交流に役立ててください。

ペット名刺他の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

犬の散歩ペットを飼っている友人がペットの名刺をまだ持っていない場合、その友人のペットの名刺を作ってプレゼントしてあげるととても喜ばれます。ペット名刺の存在を知らない方もいらっしゃるからです。可愛いペット名刺はプレゼントのマンネリ感を打破するかなり印象の強い素晴らしいプレゼントとなるでしょう。

あなたが住む地域への貢献にペット名刺を活用することもできます。小中学生の登下校時間に犬を散歩させて、防犯の一助になろうというパトロール活動があります。犬の散歩をさせながら、小中学生や他の防犯チームの方々にペット名刺を渡すと、子どもたちや大人たちもあなたのお顔とペットの名前をワンセットで憶えてくれて、交流しやすくなります。子どもたちもあなたとペットを見ると安心してくれることでしょう。ペット名刺はあなたの住む地域への貢献に有力なツールとなるのです。

ペットサロン経営者の方や動物病院経営の方が、お客様へのプレゼントとして活用することもできます。犬や猫や他のペットをお買い上げ下さったお客様に、治療に来てくださったお客様にペットの名前をお聞きし、そのペットの名刺をプレゼントしてあげると、そのお客様は感動してかなりの好印象を持つことでしょう。

ペット名刺の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

愛するペットの名刺を作ったら、ぜひ使ってみたいものです。どのようなシーンでペット名刺は使われているのでしょうか。

犬まずはペット友だちとの交流です。ペット友だちにペットとあなた自身を紹介する時に、ペット名刺があればとても便利です。愛犬を散歩させている時にいつも出会うあの人に思いきって話しかける時、ドッグカフェで偶然知り合った人に自己紹介する時、またドッグランで交流する時などもペット名刺があると便利です

一対一の場合は名前やお顔を憶えてもらえるかもしれませんが、ペット愛好家のSNSやブログのオフ会などに参加した時、同時にたくさんのペットや飼い主の方と交流することになると、後でペットと飼い主の方のお顔とが結びつかず困ることになります。オフ会などでは、ペットと飼い主をワンセットにして記憶する人が多いですから、ペットの写真と名前、飼い主の名前、連絡先が記載された名刺があれば以後連絡する時に便利です。

ペットが病気になってしまい、動物病院で看護婦さんやドクターにペット名刺を渡しておくと、ペットを名前で呼んでくれるかもしれませんし、飼い主の方のお顔とお名前も憶えてもらいやすいのでより親身に診てくれる可能性も高くなります。

ペット名刺とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ペットの名刺を作る人が増えているのをご存知でしょうか?ペットに名刺?と驚かれる方も多いかもしれません。

名刺ペット名刺には一体どのような内容が書かれているのでしょうか?まずは写真です。印象に残してもらうには写真は有効です。ペット名刺の写真は顔だけのものもありますし、全身が写っているものもあります。次に名前です。名前を日本語だけではなく、英語でも表記する方もおられます。英語での表記があると外国人とペット交流する場合に便利です。次にそのペットの品種です。犬や猫の品種についてあまり詳しくない方にペットを紹介する場合に便利ですし、品種の中には他の品種と間違われやすいものもありますので、品種が書いてあればより親切な名刺になります。マイクロチップ番号を記載する方もおられます。万が一ペットが迷子になってしまった場合、捜してもらうのに有力な情報です。次に飼い主の方の名前です。ペットの名前はわかるけど、飼い主の方のお名前はわからないというのも寂しい話です。本名を載せず、ニックネームを載せる人も多いので、プライバシーの面でも安心です。飼い主の方の電話番号やE-mailなどの連絡先番号が記載されているペット名刺も多いです。他のペット愛好家と交流するのはとても楽しいことです。SNSやブログの情報を載せる方もいらっしゃいます。

内容盛りだくさんのペット名刺。このサイトでペット名刺についてご理解を深めていただければと思います。